MENU

入試区分・選考方法

入試区分

編入学試験(専願)について

大学・短期大学・専修学校などを卒業し、本学の学部の専門知識をある程度有していると認められた人が、入学希望学科の2年次以上へ入学できる制度です。募集人数は各学科若干名で、選考方法は一般入試と同様です。また、他大学等での履修状況のほかに、TOEIC®、TOEFL®、CEFRで一定のスコアを保有している人、ファッション業界において専門的な業務を担っていた社会人など、取得資格や実務経験によって単位認定を行いますので、編入学を希望する人は事前に必ずアドミッションセンターに連絡ください。

実施内容

  1. 書類審査:出願資格の確認および調査書をもとにした評価を行います。
  2. 面接:本学の3つのポリシーに関連するテーマから志望理由書を記入し、その内容を中心とした質疑応答から、本学での学習意欲およびキャリア構想を確認します。
  3. 適性診断I:高等学校卒業程度の国語・英語の基礎学力を確認するため、記述式選択試験(40分程度)を行います。
  4. 適性診断II:論理的な思考力、表現力を測る試験(30分程度)を行います。

第2希望の学科について

本学では第1希望学科と同時に、第2希望学科の選考を受けることが可能です。また第1希望学科への出願選考料納入で第2希望学科も受験できます。受験希望者は、入学願書に「第2希望」の学科を記入ください。
※試験会場は第1希望の学科があるキャンパスにて受験ください。

再受験について

すべての入試区分で再受験が可能です。ただし、再受験の場合でも1回目の受験と同様に「出願手続き(出願選考料も必要)」が必要となります。再受験を希望する場合は、アドミッションセンターに問合せください。

資料請求[無料] 説明会・イベント
問合せ・アクセス TOP