MENU

2019年度入学式を挙行。第1期生204名が世界で活躍するファッション業界のリーダーとして第一歩を踏み出しました。

2019.04.09
タグを見る

日本で唯一の「ファッション」「ビジネス」の専門職大学『国際ファッション専門職大学』は、55年ぶりに国がつくる新しい大学制度「専門職大学」として、文部科学大臣より認可を受け、この度開学しました。

4月7日(日)に2019年度入学式が挙行され、高校からの進学者以外にも、社会人や留学生の進学を含めた第1期生204名が、ファッション業界のリーダーとなるための第一歩を踏み出しました。

入学式は、東京・大阪・名古屋をライブ中継で繋ぎ3キャンパス一体となって挙行。多くのメディアも来場する中、近藤誠一学長の訓辞、大原美術館館長の髙階秀爾氏と株式会社オンワードホールディングス代表取締役社長の保元道宣氏の祝辞、新入生代表による入学の詞と続きました。

国際ファッション専門職大学 学長 近藤誠一

これまでは特定の業種についての専門知識と技をもった専門集団と、一般教養や創造性、国際性をもった一般集団とが役割分担をすることで日本社会を発展させてきた。しかし、今後は実践力と創造性、広い教養を一緒に身につける教育機関が必要となる。本学が目指すのは、日本独特の自然観、伝統的な美意識、デザイン性をしっかりと意識しつつ、それをファッションという形で世界に発信していく人材を育てること。こうした目的を果たすため、学術と実務それぞれの分野で一流の教員とベストなカリキュラムを用意した。この理想に早く到達できる大学を、一緒に創っていこう。

大原美術館館長 髙階秀爾氏

大学は、知識や技術はもちろん、同時に人間を学ぶ場である。優れた専門知識を身につけると同時に、日本また世界の伝統文化を学んでほしい。そして、それを世界へ発信できる人材に成長してほしい。そのためには、人々の間のつながりを育む、ということを理解して学ぶことが大切である。日本の伝統的な感性、自然の持っている豊かさは長い間受け継がれている。それらを知識としてではなく感覚として学び、国際的に発信していってほしい。

株式会社オンワードホールディングス代表取締役社長 保元道宣氏

昭和、平成時代の成功体験にとらわれない、令和時代の成功体験を共に創っていこう。今日、お客様の感度はとても高くなっている。お客様を感動させるクリエイションを創り出すということは並大抵のことではない。4年間でしっかり勉強をし、本物のクリエイションを発信できる人材に育ってほしい。令和5年に、成長した皆さんにお会いできることを楽しみにしている。

東京キャンパス  新入生代表 ファッションクリエイション学科 大塚祥

ファッションとは本来周りの目や流行を気にして選ぶものではなく、着る人を表現するものである。他人ではなく、自分のために服を選ぶ世の中に変えていきたい。第1期生としてファッション業界に新風を吹き込むべく努力したい。

大阪キャンパス  新入生代表 大阪ファッションクリエイション・ビジネス学科 二階堂辰翔

世界中の人々が全員自らの服装に自覚とこだわりを持って生活する世の中を創ることが夢である。この大学でしっかりと学習を重ねて、夢の実現を果たしたい。

名古屋キャンパス 新入生代表 名古屋ファッションクリエイション・ビジネス学科 大橋美波

初めてオープンキャンパスに参加したとき、この大学にどうしても入学したいと思った。ファッションはもちろん、様々な企業や海外に関しても学んでいきたい。1期生として誇りを持ち、切磋琢磨していきたい。

【登壇者 プロフィール】

国際ファッション専門職大学 学長 近藤誠一
元文化庁長官。パリOECD(経済協力開発機構)事務次長、駐米国大使館公使、ユネスコ日本政府代表部大使等を歴任。退官後、東京大学、慶應義塾大学等で教鞭を執った他、現在も東京藝術大学客員教授を務める等文化・芸術の発展、国際交流に貢献し、瑞宝重光章を受章。

大原美術館館長 髙階秀爾氏
大原美術館館長、西洋美術振興財団理事長、東京大学名誉教授、日本芸術院会員。東京大学教養学科部卒業、同大学大学院で美術史専攻。1954年~59年、同大学院在学中渡仏、パリ大学付属美術研究所及びルーヴル学院で西洋近代美術史を専攻。美術史家、美術評論家として活躍。

株式会社オンワードホールディングス代表取締役社長 保元道宣氏
株式会社オンワードホールディングス代表取締役社長。1988年東京大学法学部卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省。2006年オンワード樫山(現オンワードホールディングス)に入社。2007年執行役員、2011年常務執行役員、2014年取締役に就任。2015年3月から現職。

資料請求[無料] 説明会・イベント
問合せ・アクセス TOP