本学福田安佐子助教が2021年3月号「時空旅人」に掲載

2021.02.12
タグを見る

「時空旅人」は、世の関心が高いテーマを、思いきった切り口で紹介、歴史や文化を紐解く雑誌です。毎号1つのテーマを特集しており、今回2021年3月号「鬼と怨霊がくる」において、本学福田安佐子助教が掲載されています。

なぜ、夜に怪物は現れるのか。人は目に見えない世界に恐れを感じ、鬼や妖怪、幽霊をイメージしてきました。そして、人間に最も近い原型を保つのが“ゾンビ”です。

そんな鬼とゾンビ、そして人間との関係性について「闇夜の怪物たち」をテーマに日本でも数少ないゾンビ研究を行う福田助教が伝えています。


時空旅人
2021年3月号Vol.60「鬼と怨霊がくる」
[第四章]鬼と神楽 鬼とゾンビ、そして人間-闇夜の怪物たち(P92~95)

https://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=11734



「ゾンビ研究」が「ファッション」にどのように活かされるのか。

気になった方はオープンキャンパスで確認しよう

https://www.piif.ac.jp/apply


資料請求[無料] 説明会・イベント
問合せ・アクセス TOP