“Super Happy” (LVMHのルレ社長) ~本学が、LVMH JAPANとの連携強化へ第一歩~

2021.04.22
タグを見る

国際ファッション専門職大学
学長 近藤 誠一

このたび本学は、世界のラグジュアリーブランドをリードするLVMH(ルイ・ヴィトンや、ディオール、ブルガリなど75のラグジュアリーブランドの集合体)の日本法人LVMH JAPAN との間で、社会人教育に関する新しいパートナーシップを結びました。

同社が女性の再就職やキャリアアップをサポートする「ME LVMH JAPANクライアント・アドバイザー・プログラム」を日本で開始するに当たって協力するもので、今回は選ばれた12名の女性が一年間にわたり本学で授業を受け、またLVMH傘下の会社で実務を経験するものです。

LVMHが既に2014年からヨーロッパで行っている独自の職業訓練プログラム(ME)の、日本版で、アジアで初めてのプログラムのパートナーに本学とモード学園が選ばれたのです。我々の教育の質が高い評価を得たということでしょう。

これにより、LVMHとの間の交流が深まり、我々は彼らの職業訓練のノウハウを学び、彼らに我々の大学の魅力を知ってもらうチャンスが得られます。そして少子高齢化の下で労働人口が減る中で、女性の社会進出がまだまだ不十分な日本における、女性の再就職やキャリアアップという重要な社会貢献に、本学が加わることができることになります。

4月15日に行われた本学・モード学園と、LVMHとの共同記者会見で、ルレ社長は、これは最近にない“super happy”な出来事であると述べ、私もLVMH,当方、そして日本社会の三者にとって嬉しい、win win win の出来事だと申しました。

コロナ禍の苦しい状況の中での小さなステップですが、このことのメリットが徐々に学生のみなさんにも感じて頂けるという意味で、本学の明るい未来を予感させる極めて嬉しい前進です。

 

資料請求[無料] 説明会・イベント
問合せ・アクセス TOP