「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」や「DIOR(ディオール)」「BULGARI(ブルガリ)」をはじめとした世界のラグジュアリーブランドを牽引するLVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)。

そんなLVMH JAPANの代表取締役社長ノルベール・ルレ氏をお招きし、特別講義が実施されました。

※5月26日実施


講義テーマは「LVMHグループが目指す新しい時代のラグジュアリーブランドとは」。
同社から見た日本市場の魅力から新しい時代におけるラグジュアリーブランドとしてのビジョンや活動までお話しいただきました。

新型コロナウイルスの影響はあったものの、日本のマーケットは他国に負けてなく、むしろオンラインショップの市場が伸びたとルレ氏は話します。「日本人は他国に比べて教育熱心で、商品知識がある。そんな日本人を相手に成功するのは難しく、だからこそ日本でのビジネスは楽しい」と話すルレ氏が印象に残りました。


質疑応答では「グローバル化が進む中での日本としての課題」「コミュニケーションを取る際に必要なこと」といった、グローバルブランドならではの質問から、「学生のうちにやっておくべきこと」といった今のうちに必要なことまで、学生1人ひとりの質問に真摯にお応え頂きました。

ファッションやビューティ分野以外にもさまざまなカテゴリーで世界のラグジュアリーブランドを牽引するLVMH JAPANのトップから直接講義を受けることができ、学生たちのモチベーションにも繋がったことでしょう。
今回の学びを生かして、学生たちが、これからの時代でリーダーとして活躍していくことを期待しています!



アジア初となるLVMH JAPANとのパートナーシップの模様は下記の動画、記事からも確認できます。


関連サイト

資料請求[無料] 説明会・イベント WEB出願 TOP