展示会「奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム」に本学の永澤 陽一学部長の作品が出展されます

2022.01.24
タグを見る

東京都庭園美術館で開催される展示会「奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム」に本学の永澤 陽一学部長の作品が出展されます。

現代からみた<奇想>をテーマに、16世紀のファッションプレートからコンテンポラリーアートに至るまで幅広く展覧され、永澤学部長を始めとし、ドルチェ&ガッバーナやマルタン・マルジェラなどの衣装やアクセサリーなどが展示されます。

ぜひ足をお運びください。


展覧会名:奇想のモード:装うことへの狂気、またはシュルレアリスム
MODE SURREAL A Crazy Love for Wearing
会場:東京都庭園美術館
会期:2022年1月15日(土)~2022年4月10日(日)*休館日あり
詳細はこちら:https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/220115-0410_ModeSurreal.html

学部長 教授 永澤 陽一
渡仏後、『TOKIO KUMAGAI』のチーフデザイナーを経て独立。自身のブランド『YOICHI NAGASAWA』を東京コレクションで発表の後、長年にわたりパリコレクションに参加。「AEON」や「無印良品」「ニューバランス」など、多数の有名企業の衣料部門の総合プロデュースを歴任する他、「東京メトロ」など大手企業の制服も多数手がける。また金沢21世紀美術館をはじめ国内外で展覧会を開催するなど幅広い分野での実績を多数持つ。金沢美術工芸大学 デザイン科ファッションデザインコース 名誉客員教授。毎日ファッション大賞受賞。


オープンキャンパスで本学の学びを確かめよう!
申し込みはこちら

関連ページ

資料請求[無料] 説明会・イベント WEB出願 TOP