本学の永澤陽一学部長が朝日新聞のインタビューを受けました

2022.05.30
タグを見る

1980年代に靴のデザイナーとして活躍した熊谷登喜夫さん。熊谷さんのブランド『トキオ・クマガイ』でチーフデザイナーとして働いた永澤陽一学部長が、朝日新聞(5/26夕刊)にて、熊谷さんのデザインに対する考えや思い出について語っています。

掲載内容は朝日新聞デジタルよりご確認ください。

朝日新聞デジタル(掲載ページ)

実際の授業はどのように行われるのか、気になった方はオープンキャンパスで確認ください!

https://www.piif.ac.jp/apply_area




学部長 教授 永澤 陽一

渡仏後、『TOKIO KUMAGAI』のチーフデザイナーを経て独立。自身のブランド『YOICHI NAGASAWA』を東京コレクションで発表の後、長年にわたりパリコレクションに参加。「AEON」や「無印良品」「ニューバランス」など、多数の有名企業の衣料部門の総合プロデュースを歴任する他、「東京メトロ」など大手企業の制服も多数手がける。また金沢21世紀美術館をはじめ国内外で展覧会を開催するなど幅広い分野での実績を多数持つ。金沢美術工芸大学 デザイン科ファッションデザインコース 名誉客員教授。毎日ファッション大賞受賞。



関連ページ

資料請求[無料] 説明会・イベント WEB出願 TOP