第96回装苑賞にてグランプリ(賞金100万円)を在学生が受賞しました

2022.06.21
タグを見る

山本耀司、高田賢三、コシノジュンコなど数多くの著名デザイナーを輩出してきた国内最高峰のファッションコンテスト「装苑賞」にて、名古屋ファッションクリエイション・ビジネス学科3年の大下彩楓さんがグランプリである装苑賞を獲得しました!

最終審査である公開審査会では、コシノジュンコさんをはじめ、津森千里さん、アンリアレイジの森永邦彦さん、ビューティフルピープルの熊切秀典さんなど錚々たるメンバーによる審査が行われました。


大下さんは「音」をテーマとした作品を製作。目には見えない音の動きを形にし、音が戯れる様子を「音戯」と名付けてコレクションを発表しました。着用して動きが加わるとチュールの1枚1枚が軽やかに揺れ動くところを特長とし、音の重なりを表現するため、動いたり、見る角度を変えることで黒のグラデーションの形や濃度が変わるよう製作しました。

審査員を務めたコシノジュンコさんからは、「自分のことのように嬉しい。きちんと1つのコンセプトをもって製作されていて、上品で、さわやかで、セクシーな中に危険性も感じられる作品。本当におめでとうございます」と高い評価を受けました。


【審査員】
コシノジュンコ(JUNKO KOSHINO)
津森千里(TSUMORI CHISATO)
皆川明(minä perhonen)
髙島一精(Né-Net)
廣川玉枝(SOMARTA)
三原康裕(MIHARAYASUHIRO)
森永邦彦(ANREALAGE)
熊切秀典(beautiful people)

受賞した学生のインタビューは後日公開予定です。
公開審査会の配信の様子はこちらから

資料請求[無料] 説明会・イベント WEB出願 TOP