近藤誠一学長紹介

近藤誠一学長紹介

元文化庁長官。
パリOECD(経済協力開発機構)事務次長、駐米国大使館公使、ユネスコ日本政府代表部大使等を歴任。退官後、東京大学、慶應義塾大学等で教鞭を執った他、東京藝術大学客員教授を務める等文化・芸術の発展、国際交流に貢献し、瑞宝重光章を受章。フランス国レジオン・ドヌール・シュバリエ章を受章。

メッセージ

ファッション・ビジネス業界をリードする人材養成のために

いま社会は歴史上例のない変化の最中にあります。価値観の多様化、グローバル化、そしてIT技術の進歩は加速の度を強め、それがもたらす相乗効果にひとびとは戸惑いがちです。こうした流れに的確に対応し、個人の生きる力を高めていくために必要なのは、深まる一方の専門的知識と、それを実践に移す技能だけではありません。それらを分野や地域、時代の枠を越えた全体の大きな流れの中で、的確に位置づける広く深い教養と、国際感覚です。
ファッション・ビジネス業界は、このバランスが最も必要とされている分野のひとつです。鋭い専門知識と技能を、世界のライフスタイルの変化の流れの中で、また地域社会とのコミュニケーションの中で、存分に生かせる人材を求めています。

55年ぶりの大学改革の第一陣をつとめる「国際ファッション専門職大学」は、このような背景を踏まえ、日本の伝統である洗練されたデザイン力を世界の流れと融合させ、社会の変革をリードする人材を育成していきます。そのために、多彩な学者とファッション・ビジネス業界人を教授陣に迎えています。その環境はまた、若い人の学びの場であるとともに、社会人の「学び直し」の場、さらには留学生との刺激に満ちた国際交流の場でもあるのです。
必ずや皆さんの心躍るチャレンジの舞台となるでしょう。

著書紹介

米国報道にみる日本
(サイマル出版会/1994.11)

歪められる日本のイメージ
(サイマル出版会/1997.5)

歪められる日本のイメージ ※再販
(かまくら春秋社/2006.1)

パリ マルメゾンの森から
(かまくら春秋社/2005.3)

文化外交の最前線にて
(かまくら春秋社/2008.10)

外交官のア・ラ・カルト
(かまくら春秋社/2011.2)

ミネルヴァのふくろうと明日の日本
(かまくら春秋社/2012.12)

The Owl of Minerva and the Future of Japan
(かまくら春秋社/2013.10)

FUJISAN 世界遺産への道
(かまくら春秋社/2014.6)

世界へ伝える日本のこころ
(星槎大学出版会/2016.2)

日本の匠
(かまくら春秋社/2019.12)

掲載記事・コラム

資料請求[無料] 説明会・イベント WEB出願 TOP