国際ファッション学部ファッションクリエイション学科

東京キャンパス

“デザイナー”のその先へ。
ファッション産業における新分野の開拓や独立起業も視野に、クリエイションにとどまらず、その先を目指せる人材を育成。

国際ファッション専門職大学ならではの特色

学びのポイント

クリエイションに必要な「理論」と「技術」の両軸を学びます。国内外の企業と連携した実践的な創作活動はもちろん、企画・コンセプトなどを英語で伝えることができるコミュニケーション能力や、新しいアイディアを可能にするデジタルテクノロジーの応用力を身につけ、グローバルに活躍できる総合的な力を養います。

カリキュラムピックアップ(1)ファッションデザインプランニング実習I、II

服とビジネスの関係を学びながら、オリジナルブランド構築を実践します。実習Iでは、今やブランド運営に重要な「靴」「バッグ」などの講義も織り交ぜ、衣服だけではない市場性を踏まえたプランニングを行います。実習IIでは、4~5人の企画チームとして、売上の分析、素材・カラー展開など、具体的なビジネスを見据えたブランドプランニングを行います。

国際ファッション業界英語

国内にとどまらず、グローバルに活躍するために必要となる、ファッション産業界に特化した英語を学びます。本科目では基礎的な考え方から学び、自ら英語で企画書を作成し、それをわかりやすく英語でプレゼンテーションするためのノウハウを身につけます。将来的に、自らのクリエイションを海外へ発信できる国際市場を見据えたクリエイター、プロデューサーに近づくことができます。

科目(一部抜粋)

●国際展示会演習
●国際ファッション市場論
●バッグデザイン/シューズデザイン
●写真概論・実習/映像概論・実習

学びの流れ

学びの流れ

国際的に活躍できる人材を育成。 国際的に活躍できる人材を育成。
×
  1. 1

    年次

    国際社会で通用する教養とファッションの基礎力を身につける

    4年間の学びの基礎となる力を身につけます。1年次からファッションをつくる演習科目を配置することで、理論と技術の両方を学ぶことができ、問題意識を高め、主体性を養います。

  2. 2

    年次

    クリエイションに関する専門的な知識・技術を深め、発信する力を身につける

    1年次に学修した基礎を実務レベルまで高め、ファッションの現場で通用する英語やコミュニケーション能力も同時に身につけます。現代ファッションに欠かせないメディアやテクノロジーも学び、発信力を養います。

  3. 3

    年次

    産地や企業での実習を通して、現場で通用する実践力を身につけ、海外に挑戦する

    国際市場を視野に、バッグやシューズのデザイン、マーケティングやPRの知識を身につけます。これまでの学びを実践する場として、産地や企業での実習、そして海外実習で確かな実践力を養います。

  4. 4

    年次

    卒業制作に向けた演習を通じ、新しいモノやサービスを生み出す

    海外で通用するコレクションの展開方法から、企画力、プレゼンテーション能力をさらに磨きます。実習を通して身につけた知識・技術を応用して、新しいモノやサービスを生み出す力を養います。

  5. 卒業後

    目指せる将来像

    ●ファッションクリエイター
    ●海外で活躍・留学
    ●ブランド独立・起業
    ●他業種のファッションに関連する分野のマーケティングなどの総合職
    ●国内外ファッション産業の小売り分野の販売企画、営業などの総合職
    ●国内外ファッション産業の製造・卸分野の商品企画、開発などの総合職 他

項目トップへ戻る
教員からのメッセージ

教員からのメッセージ

×

  • ファッションにおける時代の担い手を育てたい。

    現在世界はデジタルテクノロジーにより、様々な変化がもたらされ、人々のものごとに対しての価値観が大きく様変わりしています。しかし残念ながら現在のファッション界は過去踏襲型から脱却できずにいます。私たちが育成するのは、そこをチャンスだととらえ、ただ単に時代の変化の中で対応していく人材ではなく、時代の変化の担い手となる人材です。

    永澤 陽一 教授
    【プロフィール】金沢美術工芸大学 デザイン科 ファッションデザインコース 名誉客員教授、株式会社スチル経営責任者。「YOICHI NAGASAWA」でパリ・コレクションに参加。「AEON」や「無印良品」など、多数の有名企業の衣料部門の総合プロデューサーを歴任する。


  • 大切なのは「オリジナリティ」「完成度」「ブランディング」

    もはや良いものをつくれば売れる時代ではありません。デザイナーブランドを長期的に維持していくためには、デザインのオリジナリティや製品の完成度はもちろん、「誰に何を伝えたいのか」という独自のマーケテイングを核としたブランディングが重要です。そのために、モノづくりはもちろん、バッグやシューズなどプロダクトアイテムとのバランスを保つ方法を、私たちが伝えていきます。

    松村 光 教授
    【プロフィール】株式会社イッセイミヤケを経て独立。独立後『BAO BAO ISSEY MIYAKE』デザイナーに就任。同ブランドで「第31回毎日ファッション賞」特別賞を受賞。

→教員紹介はこちら

項目トップへ戻る
就職に責任を持つ保証制度

就職に責任を持つ保証制度

グループ校のモード学園で、希望者就職率100%を実現し続けてきた就職支援システムを導入。 グループ校のモード学園で、希望者就職率100%を実現し続けてきた就職支援システムを導入。
×
『完全就職保証制度』

卒業時に万一就職できない場合、卒業後、就職が決定するまでの必要な学費は2年間本学が負担します。(入学時35歳未満対象)

『15年間就職保証制度』

卒業生が転職や再就職したいときにバックアップする制度です。キャリアアップや、何年後かに再就職したい人など、いつでも就職指導を行います。

手厚さが違う、個別の就職指導

一般的な入学などにおいて自由参加で行う就職ガイダンスとは異なり、業界が求める人材ニーズを把握したキャリアサポートセンター担当者が責任を持ってマンツーマンで指導。履歴書から面接対策、社会人としてのマナーなど綿密にプランニングされたビジネストレーニングを行います。

海外就職も視野に、専門職の「学士」

アパレルをはじめとするファッション関連企業からの求人は、グループ校モード学園の実績を含め、東京・大阪・名占岸を中心に豊富にあります。さらに、大学卒業者を対象とする求人が加わることにより幅が広がります。また、ファッションの専門職の「学士」を取得することで、海外での就職も可能です。

項目トップへ戻る
学びのポイント

学びのポイント

これからのファッションには、今までにない学びが必要だ。 これからのファッションには、今までにない学びが必要だ。
×
55年ぶりに国がつくった新しい大学制度

55年ぶりの教育改革によって誕生した「専門職大学」は、多様化する国際社会において活躍できる人材を育成するため、従来の大学制度にはない職業と直結した実践的な教育環境が義務づけられています。

日本で唯一「ファッション」「ビジネス」の専門職大学

国際ファッション専門職大学は、日本で唯一、「ファッション」「ビジネス」の専門職大学。世界のファッション産業界と連携し、国際的に活躍できるリーダーを育てます。高度な職業実践力と創造力が身につき、卒業時には国際通用生のある学位として国が認めた専門職の「学士」が取得できます。

世界へ進出する実践力を、世界を体感しながら養う。

  • 全員、海外実習・インターンシップ

    今までの教育機関にはなかった「ファッションに特化」した海外実習・インターンシップをカリキュラム化。米国・ラルフローレンをはじめ、欧米・アジアヘ、全員が海外のファッション現場を体感するからこそ、実践力に差が出ます。

  • 世界のトップブランドから講師を招く特別講義

    米国のラルフローレン、フランス婦人プレタポルテ連盟、オーストラリアのザ・ウールマーク・カンパニーなど、世界的ブランドの最前線で活躍する一流たちによる特別講義。クリエイティブとビジネスのグローバルスタンダードを直接学ぶことができます。

  • 世界的な企業が支援、独自の奨学金制度

    本学独自の制度として、海外インターンシップ費用の一部を提携企業がサポートする「ラルフローレン奨学金」、「フルラ奨学金」や、最終学年進級時に提携企業から支給される奨学金があります。

  • 国内外のトップブランドに精通、実務家教員

    国内・海外のファッション業界でプロとして豊富な経験を持つ実務家教員が4割を占める、今までの大学にはない指導体制。ブランドマネージメントやPR、販売、デザイン、製造など様々な分野の最新情報を惜しみなく指導します。

  • ゼロから学ぶ、ファッション業界で使える英語

    ファッションを題材に、英語のコミュニケーションカに特化した独自の授業を実施。フアッション業界の現場で求められる英語をゼロから学びます。

  • 費用を本学が負担して海外留学を支援、校費留学制度

    フランス、イギリス、イタリア、アメリカをはじめとする海外の一流大学・大学院や専門学校への留学をサポートする制度です。留学に必要な入学手続きや費用(渡航費・入学金・学費1年分)を本学が負担します。

最先端のテクノロジーと、日本が世界に誇る伝統技術や産地から、新しい価値やサービスを生み出す。

多種多彩、臨地実習・国内インターンシップ

これまでの大学制度では十分に行われてこなかった、企業と連携した実習・インターンシップを豊富に行います。アパレルだけではなく、企画・開発職や広告・PRなどファッションに関連する企業において実習することで、視野が広がります。

世界が注目する産地へ、フィールドワーク

本学カリキュラムの特色の1つである「フィールドワーク」。世界トップブランドと同じように日本の繊維産地を訪れ、自ら伝統技術を学ぶことで、新たな価値やサービスを生み出す力を養います。

プロと手がける、産学直結ケーススタディ

アパレルをはじめとする多彩な企業や国際的な機関、クリエイターと連携し、企画立案から商品化までを手がけるケーススタディを実践。授業=プロと同じ目線での作品制作やビジネスプランニングを通じて、学生の域を超えた本物の実践力が身につきます。あなたの強みに。

ファッションを進化させる、デジタルテクノロジー

これからのファッションに欠かせないメディアを活用するノウハウ、AIなどのデジタルテクノロジーを活用したクリエイションを学び、ファッションにイノベーションを起こす力を養います。

項目トップへ戻る
東京キャンパスについて

東京キャンパスについて

×

環境が人を育てる。

キャンパスは新宿(西口)駅前、徒歩3分。
地上50階 総合校舎コクーンタワー。
教養と感性を磨く機会にあふれた「世界のTOKYO」
東京の中心地である新宿西口に位置する東京キャンパスは、ビジネス街の真ん中。
交通アクセスが充実し、どこへ行くにも便利なので、時間を効率よく利用し、臨地実習やインターンシップ、就職活動と、教室での勉学を両立することができます。
また、フアッションの発信地・渋谷や原宿、青山など、「街」という教室がたくさんあります。
大学の学びだけではなく、色々な街に足を運び、東京から発信される文化やビジネスを全身で吸収してください。

あらゆる創造力が融合し、新しい時代をつくるために羽ばたいていくための繭=COCOON。
情報・モノ・人・・・、あらゆる最先端の刺激を得られる好立地。
ひとり1人の完成を刺激する「最強育」環境で、あなたの才能が目覚めます。

映画、音楽、アートなど、感性を磨く機会にあふれた周辺環境。「街」そのものが生きた教室になる。

著名企業が集まる都市部だから、就職活動も有利、企業プロジェクトも豊富

情報が集中する大都市だから、
全国そして世界から同じ志を持つ仲間が集まる。

新宿(西口)駅前、徒歩3分。駅から地下街が直結。どんな日にも通いやすい総合校舎

充実の施設・設備

プロとして羽ばたくためのCOCOON(繭)に、創造力を育てる施設と設備。
地上50階の東京キャンパス総合校舎コクーンタワーは、べての実習室で最先端のプロの現場を再現しています。

  • 1
    クリエイションルーム

    開放的な空間が削造力を高め、新しいクリエイションを生み出す。

  • 2
    バターンメイキングルーム

    パターンテクニックの基礎から応用までをトータルに学ぶ。

  • 3
    図書室

    図書検索システムを完備し、ファッション雑誌から高価な専門書までが揃う情報収集の場。

  • 4
    ラウンジ50

    TOKYOを360゜展望でき、卒業生との交流の場となる洗練された空間。

  • 5
    撮影スタジオ

    撮影現場を再現したプロ仕様の設備で、作品撮影や撮影現場の流れを学ぶ。

  • 6
    ショップ実習室

    実際のアパレルショップを想定し、販売戦略立案や実習を行う。

  • 7
    コクーンホールA(450人収容)

    学生はもちろん、実際のプロもファッションショーや試写会などで使用する多目的ホール。

  • 8
    コクーンホールB (540人収容)

    特別講義、企業を招いて行う就職説明会などが行われるホール。各キャンパスをライプ中維で結ぶ設備を導入。

  • 9
    学生サロン

    同じ志を持って学ぶ、グループ校の学生との交流もできるコミュニケーションスペース。

校舎の構造は地袋や台風等の災杏時の検証を行い、安全性を確保した構造計画として、国土交通大臣の認定を取得し、災害時に防災拠点としても機能できるグレードの建物としています。防災および耐火性能についても、従来の基準だけでなく、構造計画と同様に安全性を検証し. 国土交通大臣の認定を得ています。また、万ーの場合に備えて、AED(自動体外式除細動器)を設置、教職員は救命訓練、避難訓練、消防訓練などを受け、対応にも万全を期しています。
その他、医務室や学生相談室、連動施設、キャリアサポートセンター購買など、学生をサボートする環境を整えています。

※2020年3月時点 ※グループ校の施設・設備を含む

アクセス

場所

国際ファッション専門職大学 東京キャンパス
総合校舎コクーンタワー
(東京都新宿区西新宿1-7-3)

アクセス

新宿(西口)駅前・徒歩3分。JR・小田急・京王・地下鉄から地下街が直結。駅前から歩道橋が直結。


項目トップへ戻る
入試・学費・各種サポート

入試・学費・各種サポート

×

入試・学費について

本学WEBサイトの入試要項を確認するか、「資料請求(無料)」またはオープンキャンパスなど「説明会・イベント」に参加ください。

『学費・住まいのサポート』について

  • 学費援助システム

    本学には、入学時の経済的負担を軽減するために充実した『学費援助システム』があります。入学後に無理なく学ぶことができる【奨学金制度】や、企業と連携した【学費免除制度】、低金利で融資が受けられる【各種教育ローン】、働きながら学ぼうとする学生をサポートする【勤労学生支援】など、これらを上手に活用することで、ひとり1人のニーズにあった学費援助を実現できます。

  • 寮・アパート・マンション・サポートシステム

    自宅外通学をする人には、『寮・アパート・マンション・サポートシステム』があります。【本学指定学生寮】から【提携特典付きアパート・マンション】の紹介まで、安心して勉学に励むことができる住環境を提供します。

どちらも詳細については、「資料請求(無料)」またはオープンキャンパスなど「説明会・イベント」に参加して確認ください。

項目トップへ戻る
専門職大学とは?

専門職大学とは?

55年ぶりに国がつくる新しい大学制度。 55年ぶりに国がつくる新しい大学制度。
×

専門職大学は、実践的な職業教育に重点を置いたしくみとして大学制度の中に制度化されるもので、卒業時には学位として国が認めた専門職の「学士」が与えられます。下記は既存の大学制度と異なる主な特色です。

  1. 1

    産業界等と連携した教育を実施することが義務づけられ、卒業単位のおおむね3 ~ 4割程度以上を実習等の科目とし、また企業内実習等を4年間で20単位以上履修する。

  2. 2

    必要専任教員数のおおむね4割以上は実務家教員とし、専任実務家教員についてはその必要数の半数以上は研究能力を併せ有する実務家教員とする。

  3. 3

    社会人の学び直しを推進するため、実務経験を有する者が入学する場合に、当該入学者の実務経験を通じた能力習得を勘案して、一定期間を修業年限に通算できる。

    出典:文部科学省ホームページ

項目トップへ戻る

この学科に関連するオープンキャンパス

  • 05/28(木)

    オンライン個別相談 at 名古屋キャンパス

  • 05/28(木)

    オンライン個別相談 at 大阪キャンパス

  • 05/29(金)

    オンライン個別相談 at 東京キャンパス

  • 05/31(日)

    全国進学相談会<名古屋キャンパス希望者向け>

もっと見る

学部・学科

資料請求[無料] 説明会・イベント
問合せ・アクセス TOP